编织人生论坛

 找回密码
 注册会员

QQ登录

只需一步,快速开始

扫描二维码登录本站

911 人签到
楼主: bugx

编织人生论坛章程(2018年修订版)

 热度: 169 [复制链接]
     
发表于 2013-7-29 12:57:32 | 显示全部楼层
读了 不知道怎样能改名字
回复 支持 反对

使用道具 举报

     
发表于 2013-8-2 10:52:29 | 显示全部楼层
新人,认真学习中
回复 支持 反对

使用道具 举报

     
发表于 2013-9-2 17:26:07 | 显示全部楼层
回复 支持 反对

使用道具 举报

     
发表于 2013-9-4 11:52:41 | 显示全部楼层
新人来看下,会遵守规则!
回复 支持 反对

使用道具 举报

     
发表于 2013-9-7 16:53:54 | 显示全部楼层
认真学习吧
回复 支持 反对

使用道具 举报

发表于 2013-9-9 09:25:41 | 显示全部楼层
看了   谢谢哈
回复 支持 反对

使用道具 举报

发表于 2013-9-22 18:46:47 | 显示全部楼层

僕は慌てて伊都子の頭を抑えつけた

。 まさか、武器も持たない民間人の乗った旅客機が、ジェット戦闘機にミサイルで撃ち落とされるわけがないと僕は思った。いくら領空を侵犯したからといって、それだけの理由で、何百人もの人間の命を撃ち落とすなんてことがあっていいはずがない。 乗客は誰一人領空を侵しているわけではなくて、おそらくはただ眠っているだけなのだ。 テレビの画像に赤ん坊を抱いて狂ったように泣き叫ぶ聡子さんの姿が映し出された。その聡子さんの膝《ひざ》にしがみつきながら、冬花ちゃんと秋菜ちゃんが泣きじゃくっていた。大好きなお父さんを歓迎するために、二人の髪はきれいな三つ編みに編み上げられていた。 ナベさんは死んだ。 いくつもの、まさかが折り重なるように現実になってしまった。その結果ナベさんは死んだ。 僕は撃墜という鋭利な刃物を胸の奥深くに突き刺したまま、膝を抱え壁にもたれて都立家政のアパートにいた。どうにもならなかったし、何をする気力も起きなかった。ただ、時間が過ぎていくことだけを心の中で念じ続けていた。 ミサイルが命中し、火だるまになって墜落していく飛行機は、やがてとてつもない轟音《ごうおん》とともに樺太《からふと》付近の真っ暗な海に激突しただろう。旅客機の狭い座席にシートベルトに縛られるように座るナベさんは、身動きをとることもできずに海底へ沈んでいく。暗い海の暗い海底へ。ナベさんの周りには、三人の子供への土産物が飛び散っていたかもしれない。ミッキーマウスやドナルドダックや、スヌーピーやマリリン?モンローや、ヌガーやキスチョコや、おそらくはナベさんが子供たちのためにかき集めた様々な色鮮やかな土産物に囲まれて冷たい暗黒の海の中へ沈んでいくナベさん……。 どのくらいのときが流れたのだろう。テレビはやがてすべての放送予定を終了し、突然に静止した。そこにはいつまでも降り止まない六月の雨のような不愉快な静止画像がだらだらと映しだされていた。 テーブルの上はビールの空き缶が山のようになっていて、今にも土砂崩れを起こしそうだった。何本のビールを飲んだのか、何時間ここに座り続けていたのか、僕はせめてそれだけでも整理しようとした。 しかし、何もかもがうまくいかない。今日一日で起こったことを何一つ引き出しにしまいこむことができない。 そのとき、突然僕の部屋のブザーが鳴った。 よろめくように僕は立ち上がり、ドアの覗《のぞ》き穴から外を見た。 見覚えのある女の子がそこに立っていた,ダンヒル 長財布。「ナベさん死んだのよ。私怖いの」と彼女は言った。「怖くて怖くてどうしようもないの。お願い山崎君、ドアを開けて」 伊都子だった。 僕は部屋の鍵《かぎ》を回した。 部屋に上がると、伊都子はなだれこむようにして僕に抱きつき「怖いよう、怖いよう」と子供のように泣き喚《わめ》いた。 僕は立ったまま伊都子を抱きしめて、背中をさすってやった。それ以外にいったい何をしたらいいのか、想像もつかなかった。 僕の胸に顔を当てて泣きじゃくっていた伊都子が少しずつ静かになっていった。それでも「ヒッ、ヒッ」とときどき胸を小さく痙攣《けいれん》させた。そのひきつるような体の震えが僕の手にありのままに伝わってきた。 僕の胸の中にあった伊都子の顔が、やがて少しずつ注意深く降下を始めた。そして僕のジーンズにたどり着くと、右手でジッパーをおろした。トランクスをまさぐり、その中からペニスを引っ張りだし、何の躊躇《ちゆうちよ》もなく口に咥《くわ》えたのだった。 伊都子の口の中は濡《ぬ》れていて温かだった。伊都子はまるで僕の存在を引っ張りこむように濡れた口の奥へ奥へとペニスを引っ張りこみ、それから顔をゆっくりと前後に動かし始めた。 僕は慌てて伊都子の頭を抑えつけた。しかし抑えれば抑えるほどに伊都子は、はっきりとした意志で顔を動かした。 どうしようもない快感が体中に広がっていく。まるで海の中に散り散りになっていった原色のぬいぐるみのような快感の渦。やがて、僕はその痺《しび》れるような感覚に耐えられなくなって、そのまま伊都子の口の中に射精した。 僕はその夜、ナベさんが死んだ夜、完全に方向を失い、狂ったように何回も何回も伊都子の柔らかな性器の中で射精した。伊都子は獣のように叫び泣き、喚き、そしてまるで自分の体のコントロールを放棄したように激しく痙攣した。自分の中にある死の影を追い払うように、まるでチューブを捻《ひね》りそれを最後の一滴まで絞り出すためのように激しく腰を動かし、ひたすらその細い四肢を硬直させて果てしない痙攣を繰り返すのだった。   ? それから一週間くらいが過ぎたある日、由希子と僕は新宿の喫茶店にいた。「渡辺さん死んじゃったね」と由希子は言った。その顔は人形のように青白く、瞼《まぶた》は腫《は》れ上がっていた。「山崎君もショックだったでしょう。私ももう何が何だかわからなくなっちゃって」と言って由希子は目を伏せた。 それから二人はナベさんの話題を避けて通るようにあたり障りのない世間話を始めた。しかし、会話は一向に盛り上がらなかったし、避ければ避けるほどに却《かえ》ってナベさんの喪失感が浮き彫りになってくるような気がした。由希子と僕はそこには触れないようにナベさんの思い出の周りを黒い絵の具で塗りつぶし、結局そのなかに真っ白な姿がより鮮明に浮かび上がってきてしまうというどうしようもない矛盾と向かい合っていた,ダンヒル ベルト。何かを話せば話すほど、避けて通りたいものの姿しか見えなくなってしまうのだ。 だから、やがて会話は途切れた。 沈黙するしかその矛盾に対抗する手段が思いつかなかったからである。「ねえ、山崎君」 三十分ほどの沈黙の後、由希子は言った。「うん?」「この沈黙って、二人が出会った参宮橋の喫茶店を思い出さない?」「ああ」と僕は生返事をした。「あのときあなたが私にしてくれた、スウェーデンのロックバンドの話、覚えている?」「うん」「私、思うの」と由希子は真っ直ぐに僕の目を見て言った。「これから、私、いい曲をたくさん書かなきゃね」 そして小さなしかしはっきりと通る声でこう続けた
回复 支持 反对

使用道具 举报

发表于 2013-10-23 14:18:12 | 显示全部楼层
回复 支持 反对

使用道具 举报

     
发表于 2013-11-12 09:43:46 | 显示全部楼层
读了,学习
回复 支持 反对

使用道具 举报

发表于 2013-11-21 09:56:31 | 显示全部楼层
呵呵,刚来学习章程,写的很详细
回复 支持 反对

使用道具 举报

您需要登录后才可以回帖 登录 | 注册会员

本版积分规则

QQ|论坛地图|家园地图|广告服务|手机版|小黑屋|Archiver|颜色表|编织人生 手工编织第一站 ( ICP12028468-2 )

QQ800041369

GMT+8, 2018-10-22 11:38 , Processed in 0.172043 second(s), 37 queries , MemCache On.

Powered by Discuz! X3.3

© 2001-2017 Comsenz Inc.

快速回复 返回顶部 返回列表